お客様の声  大桑村 N様

物件データ SE構法
敷地面積:136.83㎡
建物面積:122.00㎡

家づくりを始められた頃から、家について詳しく調べたり、モデルハウスに足を運ばれるなど、とことんこだわられたご主人。「僕たちの好きなようにつくることができたから、良かったんだよね~」「これから家づくりをする方たちに、私たちの家が少しでも参考になったら嬉しい」と話されるN様の笑顔を見ていると、つくり手である私たち日伸建設も本当に嬉しくなります。

家を建てようと思ったきっかけ

親が所有する長屋を、最低限のリフォームで2年ほど住んでいましたが、床や柱が傾いたままで、来客から平衡感覚がおかしくなると言われたこと、また、虫やムカデが就寝中でも頻繁に家に入ってくるので、かなりのストレスがあり、子どもも幼く、心配だったので、やっぱり建て替えるかって感じで……。
いわゆる2間間口の狭小敷地という条件でも建てられる家を検索して見つけたSE構法でしたが、近くに住む友人に相談してみると、「うちはそのSE構法だよ!!」と聞いてビックリ。早速日伸建設さんを紹介してもらい、話を具体的に進めることになりました。

 

 

家づくりでの思い出・こうしてよかった

基礎や断熱など、建物の性能は文句のつけどころがありませんでした。壁の柄や天井の材料、照明器具などは、自分たちの好みに合うものを調べて採用してもらいました。工事中の「こうしたい」というお願いに「できない」と言われることはなかったので、とても相談しやすかったです。
いつも子どもをほったらかしで調べ事ばかりしていたので、「僕、新しい家なんかいらない、前の家がいい!」って、泣き出されたほどでした。そんな息子も今はお気に入りの家ですけどね。

 

当初は中庭でBBQをやりたくて、1階をリビングにして繋げたいと考えていましたが、日伸建設さんのアドバイスで2階をリビングにした結果、今までよりとっても明るいし、見晴らしも最高です。
1枚ガラスにしたくて採用したFix窓は、掃除が大変ですけど開放感とかっこよさが際立って、気に入っています。
ロフトは物置になればと考えていましたが、壁紙を一面だけプロジェクター用に変更したことで秘密基地のような「お父さんの部屋」になり、子どもや友人と楽しんで使っています(笑)

お二人のセンスでよりスタイリッシュな空間に

これはおすすめ

玄関に入って真正面の壁に造ってもらった「あのネズミ」形ニッチは、存在感抜群で気に入っています。壁紙は主人がこだわりましたが、私は1階トイレの黒板クロスに絵を描きました。当初は予定していませんでしたが、描き始めたら面白くなって、どんどん作品が増えてしまいました。

自分好みのオシャレなニッチ

住み心地は

昔の生活のようなトラブルが何もなくなり快適になりました。勝ち組だなぁ〜!!って実感しています。こんな条件の悪い土地にこんな広い家を建ててもらえて奇跡ですよね。他の会社は、この土地を見てやってくれない可能性もあり、限られたプランしか出来なかったと思います。木造で想像以上の広さのLDK。圧迫を感じないし、みんなが「リビング広い!」って言ってくれます。とっても長い廊下も好きですよ。こうするしかないんですけど、元々の長屋感が感じられて、長屋の新しいカタチだと思っています。
自分たちの思い通りの家を建てることができて本当に感謝しています。