HOME | デザイン | ガレージハウス

愛車を守るビルトインガレージ

 

強い構造躯体だからできるガレージハウス

建物の中にガレージを設計する 

ビルトインガレージ
大切な愛車はできれば建物の中に格納したいとお考えの方には、ビルトインガレージで計画をする「ガレージハウス」がお勧めです。
頑丈な構造躯体だから可能にする安全な広々とした空間に、大事な愛車を格納して、家の中からの導線を確保することで、とても使いやすいガレージになります。
ご趣味で整備もご自分でやられる方には、ジャッキアップする装備や工具を収納するスペースなども計画して素敵なガレージハウスを計画していただければと思います。 
 

SE構法だから安全に実現できます

SE構法のフレーム
このガレージハウスに必要な「ビルトインガレージ」を安全に設計するには強い構造体が必須となります。建物中に大きな空間を作って、車の侵入口も大きな幅のスパンが必要となりますので、通常の木造の工法では構造的に弱くなってしまう可能性が高いのです。
日伸建設で採用している「SE構法」であれば、耐力壁が少なくスパンを飛ばせることが可能となるので、耐震性を高めながらこのガレージ空間を実現することができるという訳です。
 

SE構法

在来木造

SE構法の強みであるラーメン構造を生かして、開放的なビルトインガレージを安全に実現できます

日伸建設が目指すデザインと設計の考え方